So-net無料ブログ作成

愛犬の死②~マメちゃんの生きた証~ [ペット]

こんにちは[晴れ]

久しぶりのお天気[ぴかぴか(新しい)]

すっかり秋の空に変わりましたね~、キモチいい[わーい(嬉しい顔)]


さて、前回のブログでは我が家の1代目ワンコのクラップについて紹介いたしました。


続いてしまうので迷ったのですが、今日は2代目ワンコのマメちゃんについてお話しさせてください[犬]

我が家にとってはクラップに負けないぐらい愛情を注いだ家族です。


葬儀のこととは離れてしまいますが、お許しを・・・




前回のブログのクラップが亡くなってもうすぐ1年・・・

だいぶ淋しさも癒えはじめ、犬のいない生活に慣れてきた頃、突然我が家にやってきた
マメちゃん。


はじめてきた日
初めて来た日.JPG

2006年10月生まれ
パグ♀

生後3ヶ月の2007年1月に我が家の一員となりました。



クラップがいなくなってから、また犬を飼うなんて、まったく考えていませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]

もともとマメちゃんは知人がペットショップから購入し、自分の家で飼うつもりでした。

が、先住犬とオリがあわず。

このままでは2匹とも幸せな生活が送れないということで、困り果てた知人が我が家に連れてきたのです。



犬を安易に購入すること、また簡単に手放すこと・・・

言語道断なこの事実。

考えれば考えるほどいいたいことは溢れてくるのですが、まずはマメちゃんをどうしよう。。。

このままうちが拒否したらこの子の運命は・・・






・・・・・・・。






はい、この日からマメちゃんは家族の一員になりました。



落ち着いてみると、はて、パグ!?

鼻はぺちゃんこでいつでもブヒブヒ、寝ているときは人並みのイビキ[どんっ(衝撃)]

なんとも、カワイイ[ハートたち(複数ハート)]

幸い、大きな犬を一回飼ったことがあると、そうそうアタフタもしないもの。

寝・・・.JPG



さらに、子犬なのに自分の置かれている立場をわかっているかと思わせるような手のかからなさ。

天真爛漫ですぐに人間のお友達も犬のお友達もたくさんでき、みんなにかわいがられました。

[晴れ] お日さま [晴れ] みたいに明るい子でした。


また、犬とお散歩すると、お友達がたくさんできます。

犬の飼い主はたいてい知らない人でも すれ違うときにあいさつするのです。


マメちゃんも毎日、会社へ一緒に出勤していたので

お友達になった犬が遊びに来てくれることも[るんるん]


年が同じぐらいのジロウちゃん
次郎ちゃん.JPG



2倍ぐらいありそうなパグの部長くん

部長.JPG


フレンチブルドッグの甚八くん
じんぱちくん.JPG



みんなみんな、犬がいなければ知りえなかった人たち(犬も)です。





いつでも元気いっぱいだったマメちゃんの元気が急になくなったのは

我が家に来て半年が過ぎた頃でした。





マメちゃんが大好きな やり動物病院 の やり先生に診ていただきましたが原因わからず。

先生のお力で、1ヶ月予約待ちの東大動物病院の先生になんとか診ていただけることになりました。


診断は・・・


パグ脳炎。。。


頭が小さいために起こるパグ特有の病気。

外因はなし。


MRI、CTなど人間並みの検査をしていただきましたが

右の脳がもう半分以上腫上がっているとのことで

左半身はすでに麻痺

様子がおかしくなってまだ4日目でした。

今後の見通しはほぼ立たないとのこと。

1週間様子をみて、また来てくださいとのことでした。




それから2日後、マメちゃんは眠るように息を引き取りました。




元気がなくなって、ちょうど1週間でした。




あまりにも突然の出来事に私たちはただ呆然とするばかり・・・



クラップのときは老犬でもあったことと、短い期間でも介護することができたことで

少なからず覚悟できました。




亡くなる1日前
前日.JPG


この痛々しい写真も載せるか迷いました・・・


手足が麻痺しても大好きなゴハンを食べる姿[犬]


でも、がんばる姿はマメちゃんの生きた証です


いつでも全身で喜びを表現するマメちゃん


たった半年間でしたが、たくさんのものを残してくれました。




マメちゃんのお友達のワンちゃんは、今でもときどき遊びに来てくれます。[犬][ダッシュ(走り出すさま)] 





こんなに早くお別れすると思ってなかったから・・・


駆け足で逝ってしまったマメちゃん、 


一生分の愛情を注いであげられたのかな。。。



ありがとう。


マメちゃん.JPG


またねっっ[exclamation×2]



~ ブログランキング参加中 ~ [右斜め上] にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
[るんるん][るんるん][るんるん]今日もポチッと応援クリックお願いします[るんるん][るんるん][るんるん]

by Naa
そうかみ http://www.so-kami.com








nice!(14)  コメント(14)  トラックバック(1) 

nice! 14

コメント 14

PIKA

まだ若かったのに、波乱万丈な一生だったのね~マメちゃん!
近所にも元気でなつっこいパグちゃんがいるので、もしそのコが・・・と思ったら、涙なしでは読めませんでした(T_T)
でも、半年だけでもそうかみさんのところで可愛がられて、お友達もできて、マメちゃんの心は幸せでいっぱいだったと思います。
by PIKA (2008-10-28 18:21) 

そうかみ

PIKAさん

そんなふうに言っていただけて、とってもココロが救われます。
突然あらわれて、突然去っていった、ほんとに嵐のような子でした。

短い生涯だったけれど、ウチにきてくれてホント感謝です♪♪
by そうかみ (2008-10-30 11:07) 

☆Loupciel

そうかみさん

命には持って生まれた使命というものが備わっているのだと
私は認識しております。
過去に、数回の殺人事件を経験し、親友と知人を4人失いました
17歳で、親友を亡くした時より、命の持つ意味を考え続けております

駆け抜けるように逝く命でさえも、その瞬きの一瞬に
光り輝くメッセージが託されているのだと
私は思います。

そして、そのメッセージに託された思い、願い、祈りを
私たち残された者は、読み取り、これからの歩み続けるための
糧として行かなくては、いけないのではないでしょうか?

マメちゃんが、走り抜けた年月に光のメッセージが残されていますよね。

by ☆Loupciel (2008-10-31 21:03) 

そうかみ

☆Loupciel さま

辛く悲しい経験をされた ☆Loupciel さんのコトバにはとても重みがあり、ココロにつきささります。

どんな命にも使命がある・・・
生まれてきたことに必ず意味がある・・・

与えられた光り輝くメッセージを大切に、私もたくさんのメッセージを
残していけるよう、自分自身の人生に光を燈していきたいです。

by そうかみ (2008-11-03 14:13) 

ミュウ

足跡から来ました。
我家にもワン娘がいて、2年前に愛娘(ワン)の死を経験しております。
マメちゃんは短い命だったけど、生れてきたには意味があるし、
そうかみさんの家の子になったのもご縁です。
こういうお話を聞くと、本当に我家のワン娘が元気である事に
深く感謝します。
マメちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
by ミュウ (2008-11-04 12:23) 

andrew

nice!ありがとうございました。
我が家にいたワンコのことを思い出します。
静かに息を引き取ったときのことも。
みんなで泣いたことも。
マメちゃん、幸せでしたね。
by andrew (2008-11-05 20:10) 

まお

はじめまして♪
短い犬生だったけど、マメちゃんはいっぱい愛されて幸せでしたね。
パグ脳炎・・・初めてしりました。

くじ、頂いていきます!
by まお (2008-11-07 21:51) 

そうかみ

たくさんのコメントありがとうございます。

ミュウさま

そうですよね、我が家に来てくれたこと=生まれてきた意味
マメちゃんが生きた証はしっかりと刻まれています。
ミュウさんのワンコちゃんも元気で長生きされること祈っています♪

andrewさま

ご訪問ありがとうございます。
andrewさんのお宅にもワンコがいらしたのですね。
少しでも一緒に過ごした家族のことはいつまでも忘れないですよね。

まおさま

パグ脳炎、パグに限らず頭の小さなワンコに起こりうる病気だそうです。
パグの中でもかかるのは100匹に1匹ほどだそう。
まさかうちの子が・・・
とは思いましたが、動物も人間も先に起こることは予測できないもの。
今を大切に生きる、ということも教えられた気がします。
by そうかみ (2008-11-08 22:00) 

さんた

こんばんは。

くじをひきにきて、この日記を拝見させていただきました。

悲しくて、それでいて、そうかみさんの心の温かが伝わる日記
読ませてくださり、ありがとうございます。
マメちゃんは、きっと凄く幸せだったのではなかと思います。


by さんた (2008-11-11 17:39) 

そうかみ

さんたさま

コメントありがとうございます。
そねくじ効果でありますが、今回たくさんの方に読んでいただけて
とてもうれしく思っています。
みなさまに励まされ、そして、読んでいただくことで少しでもココロに
とまっていただけたのかと思うととってもあたたかいキモチになります。

ありがとうございます。

by そうかみ (2008-11-12 16:44) 

Lita

我が家のゆめこも、二年前に旅立ちました。
マメちゃん、とても幸せだったと思います。
たくさんのハッピーな思い出とともに、心の中でいつもいっしょ。

by Lita (2008-12-01 15:42) 

そうかみ

Litaさま

ありがとうございます。
そうですよね、短くても愛情たっぷりで一緒に過ごした自信はあります。
ゆめこちゃんもいつもココロの中で一緒なのですね。
by そうかみ (2008-12-04 13:01) 

ばばお

我が家のまめおも1/30にパグ脳炎で息を引き取りました。実は1/28にまめの子供のイモがパグ脳炎で息を引き取ったばかりでした。我が家はもともと6パグと生活していたのですが4年前にもイモの姉妹のコメをパグ脳炎で失いました。こんなにパグ脳炎を発症させる家があるだろうかと自分の育て方が悪いのではないか悩みます。パグ脳炎が憎いです。暗いコメントでごめんなさい。でもまだムギとソバが元気なので一生懸命育てていこうとおもいます。
by ばばお (2009-02-19 02:05) 

そうかみ

ばばお様
はじめまして。
親子パグちゃんが続けてパグ脳炎で・・・。
ばばおさんの悲しみは計り知れないことと思います。

>こんなにパグ脳炎を発症させる家があるだろうかと自分の育て方が悪いのではないか悩みます。

パグ脳炎は外因がないと獣医の先生に聞きました。わたし達もマメちゃんが突然とパグ脳炎になってしまった時は、何が悪かったのだろうと悩み自分たちを責めることもありました。
パグ脳炎発症の原因はわかっていないそうです。
少なからず遺伝もあるようです。パグ脳炎になった家系の子供はなる確率が高いとか。
100頭に1頭ぐらいの割合と言われているそうですが、実はパグ脳炎は発症してから亡くなるまでがあっという間のため、病名が特定できない場合も多いそうです。
うちの場合も東大病院という設備の整った病院でたまたますぐに診ていただけたので 初めてわかったぐらいです。
ですので、わからないまま亡くなるパグちゃんも多いため、実際にはパグ脳炎を発症しているパグちゃんはもっといるそうです。

素人意見ですのであまり参考にならないですが・・・。

ただひとつ言えることは、ばばおさんの育て方のせいではないということ。
どうか、ご自分を責めないでください。
きっとまめおちゃんもイモちゃんもコメちゃんも天国にある虹の橋でばばおさんと会えるのを楽しみに待っていると思います。

ムギちゃんとソバちゃんのためにも元気を出してくださいね☆

虹の橋(とても救われます)
↓↓
http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html


by そうかみ (2009-02-19 21:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。