So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

死化粧学校 ~ 講師 佐藤琴子 先生 紹介の巻 ~ [ラストメイク]

お久しぶりです!!

更新、遅れてしまいました。

すみません・・・[ふらふら]

先日のメイクネタ、続く・・・からずいぶんと時が経っていますね。

続きを・・・

いざ、デルフィーノ死化粧学校へ。

全国の葬儀社からの応募を募っていたので、もっと大勢の講習になるのかと思っていたら・・・

受講生は全部で[かわいい]

少人数なので丁寧に丁寧に教えていただけました[exclamation×2] ラッキー[手(チョキ)]

北は 岩手 から南は 広島 、男性も女性も、年齢も20代から60代までとほんとに様々でした。
ちなみに私は下から2番目の年齢。
そして何を隠そう私たち9名はデルフィーノ死化粧学校の 第1期生 となったのです。

http://www.delfinocares.com/modules/tinycontent3/index.php?id=5


講師は 佐藤琴子 先生

グラフィックデザイナー・特殊メイクアップアーティストとして活躍した後、自身の技術を生かしたフューネラルメイクを提案し確立。

父である杏林大学医学部法医学教室 佐藤喜宣教授の影響もあり

「生きている人をなくなったように見せられるなら、亡くなった人を生きているように見せることもできるのではないか」

というところから始まったそうです。

雰囲気はまさにアーティスト[ぴかぴか(新しい)]
背が高くて、長い黒髪で、とてもかっこよく魅力的な女性です。

さらに、フューネラルメイク、またいろいろな人の死に立ち会う立場として、とても ココロ やさしく情熱的な方です。
自身の持っている技術や知識を出し惜しみすることなく一生懸命伝え、私たちの声にも1つ1つ丁寧に耳[耳] を傾けてくださいました。

年齢もさほど変わらない私はもちろん、他の受講生もみなすぐに琴子先生に惹きこまれました。

受講後のフォローもとてもあたたかいものでした。
何度か様子を聞くためのお電話もいただきました。

受講後に先生自身が発見したことや、アイディアなど都度、アドバイスしていただけます。

私が今、ひとつの仕事としてこのラストメイクに力を入れているのは、琴子 先生に出会えたからだと思っています[ぴかぴか(新しい)]

こんなお手紙もあったかいです[揺れるハート]

kotoko手紙.JPG



次回は受講内容へ・・・続く


~ ブログランキング参加中 ~ [右斜め上] にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
[るんるん][るんるん][るんるん]今日もポチッと応援クリックお願いします[るんるん][るんるん][るんるん]

by Naa
そうかみ http://www.so-kami.com





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 1

ふくろ0503

佐藤琴子先生の死化粧をべんきょうしたいですが。。
連絡先を教えてくださお
fukuro0503@gmail.com
by ふくろ0503 (2014-08-04 13:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。