So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

グリーフケア ~千の風になって~ [グリーフケア]

みなさま、大変ご無沙汰しております[あせあせ(飛び散る汗)]

何ヶ月ぶりの更新なんでしょう・・・[ふらふら]

お休み期間中(勝手に・・・)も、ときどき足を運んでくださった方ほんとうにどうもありがとうございます[ぴかぴか(新しい)]

気まぐれな更新となってしまいましたが、末永くよろしくお願いいたします。



さて・・・

先日9月11日のことですが、初めてオペラ鑑賞に行って参りました[るんるん][るんるん]

オペラというとなんだか堅苦しく敷居が高いようなイメージがありますが(私だけ!?)

今回は葬儀業界の方におすすめいただいた、LEGEND という若手オペラユニットの

おくりものコンサート」というものでした。

若手でありながら(私と同世代)実力派であり、またクール&スタイリッシュという言葉にふさわしく

美しいまた迫力のある感動的なステージでした[ぴかぴか(新しい)]


本題です


この日は9月11日でした。

そう8年前、アメリカ同時多発テロ事件があった日。

コンサートでもこの事件で犠牲になった方たちを追悼する曲が何曲か歌われました。


その中の1曲。


何度も聞いたことのある曲。


口ずさむことさえできる曲。


でもなぜかこの日、私はこの曲を聴きながらストレートに詩がココロの中に飛び込んできました。


気がついたらこの曲を聴いて初めて涙があふれていました。



夫や妻、子供、親

自分にとって近しいとても大切でかけがえのない人を亡くしたとき・・・

人は想像できないほどの深い悲しみを背負います。

一人悲しみに暮れ、絶望感、孤独感、時には恐怖感などと戦っている方は

たくさんいらっしゃいます。

そのような方たちが悲嘆(グリーフ)を乗り越えようとする心の努力、

また死別による苦痛や環境変化などを受け入れようとするココロを

手助けする、それを グリーフケア と呼びます。


私たち葬儀社は、そのような大切な方を亡くされた方たちと多く接します。

グリーフケアについては日々勉強をしておりますが、とてもとても繊細な分野です。

なかなか、こうしたらいい、ああしたらいいと簡単に言えることではありません。


少しでも癒される方がいらしたら・・・

この詩をおくります・・・



千の風になって
作詞:不詳
訳詞:新井満

私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に

千の風になって

あの大きな空を

吹きわたっています


秋には光になって 畑にふりそそぐ

冬はダイヤのように きらめく雪になる

朝は鳥になって あなたを目覚めさせる

夜は星になって あなたを見守る


私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 死んでなんかいません

千の風に

千の風になって

あの大きな空を

吹きわたっています






~ ブログランキング参加中 ~ [右斜め上] にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
[るんるん][るんるん][るんるん]今日もポチッと応援クリックお願いします[るんるん][るんるん][るんるん]

by Naa
そうかみ http://www.so-kami.com




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。