So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

~福島県の被災地へ入りました~ [そうかみとは]




この度の東北地方太平洋沖地震で
被害に遭われた全ての方々、およびご親族の皆様に対しまして
心よりお見舞い申し上げます

そして一瞬のうちに命を落とされた方
懸命に救助に当たり殉職された方
ご冥福をお祈り申し上げます




震災から2週間以上たち、東京で感じる余震も少なくなってきました。
そうかみでも、いつもと変わらず業務を行っております。


震災後、何人かの方から被災地への棺や火葬に関する東京の対応はどのようにしているのかと
お問い合わせがございました。


被災地の方から届いた生の声は、まだあまりテレビでも報道されていなかった部分、

「とにかく棺が足りない!!」
「亡くなられた方は大勢いらっしゃるのに、葬ってあげることもできない、そのままになっている」

とのことでした。


そうかみの加盟している、東京都葬祭業協同組合では今月22日と23日に加盟店より棺、
その他の物資を各葬儀社から青山葬儀所へ集め、被災地へと搬出いたしました。



そして25日、組合員3名がまず第一陣として被災地へ入りました。



すぐに応援要請があり、昨日、弊社社員の神谷太朗も 福島県相馬市 へと出発いたしました。



自衛隊、医療支援チーム、ボランティア、いろいろと役割がありますが

葬儀社に求められること・・・

それは体育館などに安置された ご遺体のご納棺・ご出棺・搬送・そして火葬のお手伝い

それはそれは数え切れないほどのご遺体。

とうてい追いつく人数ではないと思いますが少しでも力になれれば。


小さな力も、たくさん集まれば大きくて強いものになる。


私たち残っている社員も、こちらでできることを常に考え、
他人事ではない事態に目をそむけてはいけないと思っています。


現地入りした神谷は今のところ今月いっぱいの予定で交代するようです。


葬儀社同士が協力し合い、支援の輪が大きく広がっていくように願います。


またご報告させていただきます。


Naa








nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 3

ガンガンガン速

初めまして。
ご遺族のお気持ちを考えると、一日でも早く棺に納めてあげたいですよね。本当に、ありがとうございます。
by ガンガンガン速 (2011-03-29 17:49) 

羽根木の友人より

昨日(28日)の日経新聞の社会面に、火葬に使う灯油も足りず、娘の火葬の日もなかなか決まらないとの記事が出ていました。大震災から2週間以上が経過しましたが、生き残った遺族が身内の葬儀も出せない悲惨な状況が続いているようです。現地は大変な状況だと思いますが、是非遺族のためにも頑張ってください。応援しています。
by 羽根木の友人より (2011-03-29 19:00) 

そうかみ

ガンガン速様
初めまして。
「本当にありがとうございます」というコメント、胸にささりました。ありがとうございます。


羽根木の友人さま
応援ありがとうございます。
そう、大切な方を亡くされたご遺族が、きちんと葬ってあげられないという状況は2重の悲しみを負わせてしまっているような気がします。少しでもご遺族様の悲しみが癒えますように・・・。



by そうかみ (2011-03-30 17:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。