So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

家族葬とは ~メリット・デメリット~ [葬儀準備]


こんにちは。

葬儀についてのブログのはずが、ずれてしまったり、更新がおろそかになってしまったり・・・

重ね重ね失礼致します[あせあせ(飛び散る汗)]


今日は 家族葬 について考えてみたいと思います。


最近よく耳[耳]にするコトバですねぇ。


そうかみ にご相談にいらっしゃるお客様も半数近い割合ではじめに「家族葬にしようと思ってます」とおっしゃいます。



[かわいい]では 家族葬とはいったいどんなお葬式なのでしょうか。


家族葬2.JPG



一般のお葬式と比べ大きく異なるのは、家族・親族のみ、もしくは故人とごく親しくしていた 友人知人を限定し来ていただくという形式になるところです。

基本的に式の流れは一般のお葬式と変わりません。


一言で言えば家族葬ではお葬式に参列する方を遺族の方々が限定し声をかけ執り行われる、ということになります。



家族葬3.JPG



では、今度は メリット・デメリット について考えてみましょう。


<メリット>


[かわいい]たくさんの参列者に気を使わなくてよいため、精神的・体力的にも遺族の負担が少なくなる。

[かわいい]上記の理由により、故人とのお別れの時間をじっくりと過ごすことができる。

[かわいい]あらかじめ参列者の人数が把握でき、料理・返礼品の数もある程度決まるため、葬儀費用の予測が正確にしやすい。

[かわいい]葬儀の規模が小さくできるため、会場費・設営費など、ある程度軽減することができる。



<デメリット>


[かわいい]葬儀のあとで亡くなったことを知った故人の友人・知人などから「最期のお別れができなかった・どうして知らせてくれなかった」と嘆かれることがある。

[かわいい]同じように葬儀後に知った人たちが、続々と自宅へお焼香をしに訪れ、その対応に数ヶ月ぐらい追われることがある。

[かわいい]親類・町内会などとの葬儀に対する考え方の違いでもめることがある。

[かわいい]式当日、呼ぶ予定でなかった人が日程を聞きつけてたくさん来てしまい、予想外の対応に追われよけい負担がかかってしまう。

[かわいい]参列者の数により、香典の金額も減るので、結果的に高くつくことがある。



家族葬1.JPG




まとめてみると、一般葬と家族葬、どちらがいいのかということは本当にケースバイケースだということがわかります[ひらめき]


だからこそ、利点・問題点をある程度、把握し慎重に決める ことが大切になってくると思います。


また料金面についてですが、必ずしも 家族葬=低料金 というわけではないことは確かです。



大往生で亡くなったため故人のお友達はほとんど葬儀には来られない・・・


喪主さんの会社での立場・・・


昔からの町内会のつきあい・・・



などなど。。。




家族葬4.jpg



そうかみでは、葬儀の規模・ご予算に応じてさまざまな式の提案をすることができます。


私たちは葬儀のプロです。


今までの経験と実績から、お客様のご状況に応じて最適な提案をさせていただきます。


まずはご相談ください。


DSC_0020.JPG



お葬式・・・



それは人生をしめくくる大切な儀式。



大切な家族をココロをこめて送るため



後悔のないお葬式を・・・




私たちそうかみも最善を尽くしお手伝いさせていただきます





~ ブログランキング参加中 ~ [右斜め上] にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
[るんるん][るんるん][るんるん]今日もポチッと応援クリックお願いします[るんるん][るんるん][るんるん]

by Naa
そうかみ http://www.so-kami.com


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。