So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
葬儀社選び ブログトップ

社葬のご提案 ~ 増上寺 ・ 寛永寺 ~等 [葬儀社選び]


本日は 社葬 のお話です。

社葬とは・・・

企業の 創業者役員功労者 が亡くなった際に 会社が主催 して執り行う 葬儀 です。


会社と共に生きた故人のため、社を挙げて弔うということは、後継者・社員にとっても今後の志をより一層強くするための場ともなりえます。


また、その会社の企業の組織力と後継者を中心とした、今後の万全な体制を知っていただく大切な機会となります。


ですから、社葬を成功させるということは企業としての信用性を高めることにつながるといっても過言ではありません。


そうかみ でも、もちろん社葬を承っております。

大手の葬儀社でないと・・・

と思われる方も多いと思いますが、私どものような葬儀社だからこそのおもてなしと提案はたいへん自身を持っております[exclamation×2]


何よりも、当社社長の京都での修行中には、数え切れないほどの社葬を施工しております。

独自の発想と、会社様のことを第一に考え、ココロを込めてお手伝いさせていただきます[ぴかぴか(新しい)]



増上寺 光摂殿 にて>


光摂殿看板.JPG


正面入り口より祭壇まで約50M


長い廊下を有効に使うため、左側には故人の思い入れ深い安曇野の山を再現
山拡大.JPG 






光摂殿山.JPG










右側には軽井沢の白樺を・・・
白樺.JPG
白樺林の中に、故人の思い出写真も盛り込み、みなさんに見ていただきました。



社葬では参列者の方が大勢いらっしゃるため、お焼香まで列を作って並んでいただきます。

そのお時間もより一層、故人を偲んでいただけるよう、列の両側にこのような装飾をしています。

そして立派な花祭壇が飾られた葬儀会場へとたどり着きます。

社葬 祭壇 光摂殿.JPG



増上寺 慈雲閣 にて>

先ほどの光摂殿よりも少し会場が小さくなります。

慈雲閣看板大.JPG 看板もあります。

両脇に故人のお写真を
添えました。








慈 庭.JPG

入り口は奥ゆかしく和の要素で。









で作った思い出写真コーナー↓↓
慈 竹.JPG












慈 写真.JPG

こちらも思い出写真コーナー[ぴかぴか(新しい)]


神秘的に写真を映し出します。








そして祭壇へと



慈 祭壇.JPG




寛永寺 輪王殿 にて>



寛永寺看板.JPG



エントランスには竹と花でモダンな装飾を・・・


京風庭.JPG



そして祭壇へ



寛永寺祭壇.JPG




どのお式もとてもココロのこもったあたたかいお式でした。


今回は3つほど紹介いたしましたが、まだまだたくさんのご提案があります。


一般葬でも家族葬でも社葬でも、何一つ同じ式というのはありません。



綿密なお打ち合わせと、ご遺族様からの溢れる思いを受け止め

できる限りのご提案をさせていただきます。



会社と共に生きた故人のために

共に働いた会社が送る・・・



まずはご相談ください。





~ ブログランキング参加中 ~ [右斜め上] にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
[るんるん][るんるん][るんるん]今日もポチッと応援クリックお願いします[るんるん][るんるん][るんるん]

by Naa
そうかみ http://www.so-kami.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

葬儀社選びのコツ [葬儀社選び]

今まで、葬儀について少しずつ情報を載せてまいりましたが

なんと言っても、最初の壁は葬儀社をどのように選ぶか ・・・

とっても重要なことですね[ひらめき]


今日は、私が思う選び方のコツをお伝えできればと思います。

あくまでも、葬儀社にいるからこそ見えてくる私の視点[目]でのお話しです。


「もしものとき・・・」


それは、急なことかもしれません。
もしくは、ココロの準備が少しできてきているときかもしれません。


何にしても状況は様々です。


ひとつ言えること・・・

それはあわてて探すこと、また決めることは、

事前の準備がある時と比べ、格段に精神的・肉体的負担が大きいことが多いです。


「縁起でもない[あせあせ(飛び散る汗)]

確かに、そのように思う方も少なくないと思いますが、いざというときに後悔が残るよりは良いように思うのです。


花白ピンク.JPG




では本題、どのように葬儀社を選びましょう・・・



とにかく、まわりを見渡してみましょう。



① 知り合いに 葬儀屋さん がいる[exclamation×2]


こんなに安心なことはありません。

知り合いだから特別に良いことがたくさんある、というわけではないかもしれませんが

葬儀社に対しての不安は軽減することができますし、何より安心してお任せできます。

葬儀社側も特別扱いではありませんが、ただ、人として思い入れやキモチが入るのは正直な
ところです。

そうかみでは少しでも良い方法・負担がかからないような配慮、
もちろんどのようなお客様に対しても心がけていますが・・・


地元の葬儀屋さん にとお考えの場合

~とにかく町の方からの評判を聞きましょう~


①のお友達や知り合いに葬儀屋さんがいなかったら、次に地域の葬儀屋さんにお願いするという流れがよいでしょう。

地域に根付いているため、独特の町会のしきたりがわかっていたり、

便利な葬儀場の提案ができたりと、

スムーズに話しが進むことが多いはずです。

ただ、できれば町の方からの評判を聞くことをオススメします。

病院や美容院、はたまた普段のお買い物と同じ感覚での情報収集は必須です[ひらめき]



菩提寺様がある場合には相談してみる


おじぞうさま.JPG特に、お寺様でご葬儀を しようと思っている方は

②よりも先にお寺様にご相談したほうがよいと思います。




④ インターネット・店頭などで気になる葬儀社へ事前相談


①②③のどれにも当てはまらない場合は、やはり今の時代インターネットで情報収集。

また偶然通りかかった葬儀社に相談したり。


ただ、④の場合、気をつけていただきたいのは、必ず事前に相談をしてみたほうが
良いということです。

電話で問い合わせてみたり、入りやすい店構えなら相談に入ってみたり・・・

できれば、この段階で見積もり も出してもらったほうが良いです。


まだ何も決まっていないから相談しにくい

ということもあると思いますが、逆に決まっていなくて当たり前なのです。

葬儀がどのようなものなのか、何を決めればよいのか

わからないから私たち葬儀社があるのです。


そうかみではお電話でも店頭でも、どのようなご相談でも承っております。

その上で、何種類かの見積もり を出したりしています。


相談したからそこの葬儀社に決めなければならないわけでは決してありません。

選ぶことができるからこそ、事前相談をするのです。

単純に 感じが悪かった ・ いい印象を受けなかった・頼りない・・・

という直感も大切にしてください。

特に頼りなさは最後まで引きずります。


何よりも 安心 してお任せできそうな葬儀社を選んでくださいね[ぴかぴか(新しい)]



花ブルー.JPG



ちなみに・・・

病院で亡くなったとき、病院の中に待機している葬儀屋さん がいます。

だからといって頼まなければいけないわけでは もちろん ありません。

良し悪しはわかりませんが、上記の①②③④から考えると、事前に準備できないため

思うような業者であるかは、葬儀をしてみないとわからないということになってしまいます。

もし葬儀屋さんが決まっていれば、その旨お伝えすれば大丈夫です。


また・・・

ホールを持っている、という理由でその業者に頼む、というのも注意です。

葬儀式場についてはまた別の機会にお伝えしますが

貸し斎場はたくさんあります。

来ていただく人の便の良さ駐車場 なども考慮し、

最適な提案を受けることをオススメします。

なので、最初に式場を決めてしまうことには注意が必要です。



さくら.JPG




長い記事になってしまいましたが、少しは皆様のお役に立てそうでしょうか?


実際、そうかみにご依頼いただくお客様も①と②の方が大半です。


都内23区はもちろん、近県のお客様も対応させていただきます。





不安なこと


疑問に思うこと


いつでもご相談ください。


どんな小さなことでも


ココロを込めて対応させていただきます。 





花ピンク.JPG





~ ブログランキング参加中 ~ [右斜め上] にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
[るんるん][るんるん][るんるん]今日もポチッと応援クリックお願いします[るんるん][るんるん][るんるん]

by Naa
そうかみ http://www.so-kami.com

souginok@gk2.so-net.ne.jp


[かわいい][かわいい][かわいい] 関連記事 [かわいい][かわいい][かわいい]






祭壇選び ~ オリジナル京都風 ~ [葬儀社選び]


最近、何かと葬儀の話題から遠ざかっていましたね[たらーっ(汗)]

お伝えしたいことがたくさんあって・・・[ダッシュ(走り出すさま)]


今日は、祭壇 について少しご紹介していきたいと思います。


ホームページのほうでも祭壇の種類はのせています。

最近の傾向は大きく分けて、昔からの 白木の祭壇もしくは 花祭壇 が一般的に多いかと思います。

花祭壇 に関しては、どの業者さんでも試行錯誤して、いろいろなカタチの祭壇を提供しています。

インターネットで花祭壇の画像を検索すると、膨大な量の写真が出てきます。



のちのち、こちらのほうも紹介していきたいと思っていますが、今日はタイトル通り

~ オリジナル 京都風祭壇 ~

をいくつかピックアップしてみました。


京風1.JPG

花祭壇を 京都風 に品よくアレンジ。

京風2.JPG

使用する花の種類祭壇の横幅などにより、料金も変わってきます。

京風3.JPG

↑↑こちらはとの組み合わせでよりいっそう奥ゆかしいイメージに

京風4.JPG

洋花を取り入れてもマッチします。



偶然にも全部の写真が お寺様の本堂に飾ったものでした[ひらめき]

そうなんです、このシンプルで京都風にアレンジしてある祭壇は

おごそかなお寺様の本堂に特にとてもよく合うのです。

もちろんどの会場でも大丈夫ですが・・・。




今回のブログでは、何度もしつこいぐらいに 京都風 と連呼してしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

そう、当社の社長の葬儀の歴史は京都で修行したところから始まっています。

このようなオリジナルもそうかみならでは[ひらめき]

(恐縮です[あせあせ(飛び散る汗)]



葬儀社選び のひとつの基準としてココロにとめていただければ幸いです。



おまけ

京風庭.JPG

↑↑こちらは、社葬の際、エントランスに飾ったものです。

花はもちろん、竹なども現場で切ったり割ったりして飾り、バランスを見ていきます。



~ ランキング ~参加中[ひらめき]
ポチっと応援 クリック お願いします[右斜め下]

[かわいい][かわいい][かわいい][かわいい][かわいい][かわいい][かわいい][かわいい][かわいい][かわいい]にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ[かわいい][かわいい][かわいい]

by Naa



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

葬祭ディレクターとは [葬儀社選び]

葬祭ディレクターとは・・・
葬祭業界に働く人にとって必要なレベルの高い「知識」と「技術」を証明する審査に合格した者だけに与えられる厚生労働省の認定資格です。


一級と二級ともに規定年数以上の実務経験がないと受験資格が得られません。


一級葬祭ディレクター

ディレクター証.JPG


現在の日本において、葬祭業社の資格取得義務はありません。
ですから、「葬祭ディレクター」の資格を持つ人がいない葬儀社もたくさんあります。


葬祭ディレクターがいる葬儀社は良い葬儀社で、いない業者は悪い葬儀社であるとは言い切れませんが、葬祭ディレクターは、少なくともある程度の知識と技能そして経験・実績を持っています。

それがすべてではありませんが、葬儀社選びのひとつの基準としてココロにとめていただければ、みなさまの安心度も少し増すのではないかと思います。

ディレクターカード.JPG
当社社長、今更ですが顔に小細工(笑)

葬祭ディレクター技能審査
http://www.sousai-director.jp
by Naa
http://www.so-kami.com/



タグ:資格 葬儀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

経験・実績・安心 [葬儀社選び]

当社の社長、神谷則治の紹介です。

神谷則治小.JPG

東京の下町、文京区にある根津で葬儀業を営む家の二男として生まれました。
大学卒業と同時に家業を継ぐため、京都にある大手葬儀社の公益社に修行に出ました。
町の葬儀屋さんである実家では毎月10件前後の仕事が、公益社では1日10数件。
3年間の修行を経たときには500件以上の式に携わり、さまざまな経験を積みました。

葬儀とは・・・お客様の状況・思い・考え方・嗜好などいろいろなことが相互してひとつの式が奏でられます。
ひとつとして同じお式はありえません。
到底、型にはまった考え方もありません。

京都修行以来30年、携わった約5000件の式、この経験実績が当社の礎となっております。
家族葬から社葬まで、お客様に合わせさまざまなご提案をさせていただきます。

安心してご葬儀の日をお迎えいただけますように・・・。

株式会社そうかみ
代表取締役 神谷 則治
厚生労働省認定
(葬祭ディレクター技能審査)
一級葬祭ディレクター
                                           By Naa


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ホームページ完成!! [葬儀社選び]

長い間、滞っていたホームページ制作、
やっとアップすることができました。

簡単な料金説明、当社独自のサービスの紹介、また人には聞きづらい香典の目安や葬儀のマナー・豆知識なども載っています。

ゆくゆくはもっとページを増やし、皆様のお役にたてるような内容を充実させたいと思っています。
まずは一度ご覧くださいませ。

http://www.so-kami.com


葬儀社選び ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。